2017年8月8日火曜日

2017年度DMAT政府訓練にドクターヘリスタッフとして参加する予定でした・・・

多田です。

先日、政府が行うDMAT大規模災害訓練にドクターヘリスタッフとして参加しました・・・
という記事を書くつもりでした。
というのは、2017/7/29の政府主導のDMAT訓練でしたが、当日自分はドクターヘリの当番日でした。
予定では朝から兵庫県へ出発し、兵庫県内の患者さんの搬送を繰り返し行うミッションが与えられる予定でした。
いつも以上に早起きして、お昼ご飯も食べられないかもしれないということで、保存食を用意してヘリポートに出勤しました。
出動できそうな天気ということで、8:30過ぎに広島ヘリポートを離陸しました。

ところが、広島県内は湿った空気が流れ込んでいた影響で、低い雲に被われて視界が悪く、結局広島県を出ることなく訓練参加は断念し、広島ヘリポートへ帰投することになりました。


兵庫県に到着後、スマートフォンを使ったリアルタイム音声画像通信のトライアルの役目をいただいておりましたが、実動できませんでした。
(近々、例のドラマでも出てきそうなシステムです)

非常に残念でしたが、飛行中の天候は今までの通常のドクターヘリ出動では見たことがないぐらいのもやで、安全運航を考えると中止が正解であったと思っています。
せっかくの機会でしたが、安全運航は他の何事にも代え難いことであり、最優先しなければいけません。
来年度は是非!参加させていただきたいと思います。

2 件のコメント:

  1. スマートフォン映像伝送システムの開発者です。
    今回は、現在複数の基地病院で導入されているシステムをクラウド化した、とも言える新システムの実験でお願いしました。
    ご協力ありがとうございました。

    当日はドクターヘリ本部に詰めておりました。
    広島DHが天候不良で来られないと言うことを伺ってとても残念でした。

    すでに「コード・ブルー」でもフライトスーツの胸部にカメラが付いて登場しております。

    NTTドコモ 豊永

    返信削除
    返信
    1. NTTドコモ豊永様
      コメントありがとうございます。スマートフォン映像伝送システムについては、自分が千葉北総病院で研修させていただいたころに、開発が進んでいたと記憶しております。実際に稼働できるようになって、さらに進化したシステムを体験できる機会でしたので、非常に楽しみにしておりましたので、非常に残念でした。
      コードブルーのフライトスーツのカメラ、いつ出番が来るのか楽しみに拝見しております。
      また、病院前救急医療に関わる者としてシステム自体の導入についても興味があります。
      どこかでお話しを聞かせていただく機会があれば幸いです。

      削除